FC2ブログ
macco's BLOG
ただのひまつぶし
初めて、1日で映画2本。

今日(日付変わってるけど)、初めて1日で映画2本という偉業を成し遂げました!!!
(全然偉業じゃないけどサ;;笑)



水曜日、レディースデーにて、ここぞとばかりに。
こんなレディースデイにのっかるのも最初で最後かな。
今度は9月1日、毎月1日の映画の日にのっからなきゃ、だな!



1本目は、デトロイト・メタル・シティ
2本目は、闇の子供たち



1本目、めちゃめちゃ笑えて、こりゃ観て良かったわ~♪っと。


2本目…内容が衝撃的すぎてレビューとか書いてる場合ちゃうでコレ、っていう。

映画でこんな後味を味わうのはダンサーインザダーク以来かと…
ショッキングすぎる…あんまり大々的に宣伝してないなーと思ってたけどこりゃ宣伝できんわな。



おいおい、またそれぞれレビュー記事書くけど、
正直『闇の子供たち』はちゃんとしたことを書ける自信がない(´Д`lll)



阪本順治梁石日、おそるべし…いやそんな言葉では片付けられないですよええ。
梁石日の原作も、ちょっと読んでみたい…か、も。

20世紀少年 20世紀少年 1

スポンサーサイト



2008/08/28 (Thu) 01:27 | 映画 | trackback(0) | comment(2) |


JUNO/ジュノ・試写会

JUNO/ジュノ
JUNO/ジュノ

6月14日公開
鑑賞日:6月4日@御堂会館




未成年妊娠についての考え方が、めっちゃアメリカン。
いとも簡単に片付けすぎじゃ!?
と思わざるを得ません。


日本で同じようなこと(14才の母というドラマもあったように)が起こったらきっとこんな風にはならないだろうっていう、アメリカと日本との違いがかなり顕著にあらわれていた作品だなぁと思う。

描き方が、ポップ。

だって主演のこの子(ジュノ・16歳だっけな?)が、父親と母親(父の再婚相手)に妊娠したことを伝える場面で、ジュノが去っていった後彼らが言ったこと。
『なんだ、話さなきゃならん事があるっていうからてっきりドラッグか何かと思ったよ』 『まぁ、そうでなかったことを喜ばないとね』……そんなリアクション。
ありえねぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!

日本だったら、もっと父親が怒り狂う場面だとか、産む産まないの議論だとか、描かれそうなことはいっぱいあるだろうと思うんだけど、このジュノについてはそういうのがほとんどないんですよ。

なんとジュノは産むと即決(あ、即決ではなかった;;一度堕ろそうとしてやめた)、
しかもその赤ちゃんは子どもに恵まれない夫婦のところへ里子に出すという、
これぞこの映画において最も、THE アメリカ的発想! 日本だったらまずありえない発想かと…
でもそれが赤ちゃんのことを一番に考えた方法なのかもしれないけど。
日本ではあまり浸透(って言い方もオカシイけど)してない方法ですよね。
10代の子が妊娠、ってなったらまず堕ろす、っていう発想が日本では普通なんじゃないかなぁ
ま、それが普通っていう世界も十分おかしいんだけれどね。
やはりアメリカのがそういう点では進んでる国なんだろうなぁ


相手の男の子とのラブストーリーとかも入ってくるんだけど、
ほとんどそういうエピソードがかすんじゃって、
とにかく米国との大いなるギャップ?を感じずにはいられない、そんな作品でした。。。

14才の母と比べてみたらよく分かると思うよ。ま、映画とドラマの違いってのもあると思うけど。

2008/08/19 (Tue) 23:57 | 映画 | trackback(0) | comment(0) |


はじめての3名様

20080817212835
3名様というものが始まってから、
初めての、BigBoyに行ってきた♪

何年も前に何回かは行った事あったけど
ちゃんと3名様で行って『3名様ですか?』ってきかれたり
ドリンクバー注文してちょっと砂糖で遊んでみたり…
BigBoyしっかり満喫☆
Big Boy
近所にないのが残念でならない(´Д⊂ヽ

本物の3名様ならまず注文しないであろう、
『抹茶わらび餅パフェ』を食べてきたー(´▽`*)

抹茶わらび餅パフェ
反則やで、このウマさ。

2008/08/17 (Sun) 21:57 | 佐藤隆太 | trackback(0) | comment(0) |


ザ・マジックアワー/試写会

観たの2ヶ月以上前で(;;)、かなり記憶がヤバいことになってるけど覚えてる範囲でせっせと書いてみまっす。
あ、いっこ前の記事のDIVE!!もしかり。

ザ・マジックアワー
ザ・マジックアワー

6月7日公開
鑑賞日:6月2日@御堂会館





三谷作品、実は初体験。鑑賞後、最初に思ったこと。
三谷幸喜って、天才ちゃうの?

ここはNGKか!?ってぐらい、試写会々場は終始笑いの渦の中でしたよ。皆どんだけ笑うねん!っていう。
おもしろすぎますやん。これぞエンタテインメントですやん。

この試写会でマジックアワー観た後に、TVで有頂天ホテルやってたのでどちらが面白いのかなぁと
ちょっと興味で観てみたら、本当に甲乙つけがたいほどに、どちらも同じくらい面白い面白い!!
これで三谷作品はほぼどれも面白いだろうと勝手に判断・笑

そして、
寺島進の使い方が秀逸。
ま、これは単に私が個人的に寺島のすべてがツボなだけかもしれないけど;;笑
なんか寺島ってどの作品でも、なぁんか、面白い。なんだかよくわからないんだけどなぁんか、オモロイ
ちょっとネタバレに近くなっちゃうけど(もう公開して結構経つからいっか!?)、ラストあたりで佐藤浩市扮する村田に向かって『カット』って呼んでたのがめちゃツボった・笑

さらにシブいところでは、
伊吹吾郎もちょっとツボ☆
水戸黄門出てた人ね。クラブ『赤い靴』で綾瀬はるかと一緒に働いてるバーテンダーの役。
こういう使い方が上手いのな~三谷さん。


設定が設定なだけに、最後がたたみかけるように、ドミノ倒しのように襲い掛かってきます!!
それが何とも愉快で観ててきもちいーーーーってなりました。

有頂天ホテルもどっちかっていうと最後『たたみかけ系』だけど…やっぱり構成似てくんのかな。

あ、あとカメオ出演で香取慎吾も出てきますよ~~ボーっとしてたら見落としてしまうくらいの感じで。
一応有頂天の時と同じ役柄、ということらしいけど。ほとんど意味はないよね。

あ、小日向さんもそういえば出てたね!忘れてた・笑
かなりハジケた役でめっちゃ小日向さんらしい役でしたよっ


こっ、これは星5つあげちゃう!!!!
★★★★★

2008/08/17 (Sun) 00:00 | 映画 | trackback(0) | comment(0) |


DIVE!! ダイブ/試写会

さぁさ、イケメンの肉体にハァハァな作品のお通りですよ(*´д`*)ハァハァ  (←キモイ&ヤメレ・笑)

ダイブ!!


DIVE!! ダイブ
6月14日公開
鑑賞日:5月22日@厚生年金会館大ホール


これって本当に飛び込んでるんだね!

彼ら、10mくらいのところから実際に飛んで撮影に挑んだみたいですねー
そこは拍手をあげたい☆


3人の男前をまず差し置いて、
蓮佛美沙子たんカワユス!!!! Blog
だからキモイってわたし・笑
名前だけめっちゃ聞いたことあったからどんな有名な子やったっけ、って思ったけど、
デビューしてそんな経ってなかったんだね、意外。
なんかねー、スワロウテイルの時の伊藤歩を彷彿とさせる顔立ち&演技だったのです。
まだまだ顔が幼いけど、これからおっきな女優さんになっていくのかなー楽しみ☆


で主役の3人なんだけども、
池松壮亮クンが…………………(・∀・)カワイイ!!
一番左の子。

でそのカワイイ池松くんってのはななななななななんとラストサムライに出てた子なんですと!!!!!!
どうりでちょっと見た事のある顔だなぁとは思ってたけどさ!
いやラストサムライを細かく覚えてた訳でもないんだが、
確かにちっちゃな子が刀の練習してるシーンとかのところで確かに見た感じがしないわけでもない。
その時点でかなりかわゆかったけど♪

主演の子(林遣都:写真中央)はバッテリーに出てた子ですね。
軽く流して終了・笑

溝端淳平(写真右)ってこんなギャル男っぽかったっけ!?って思ったっΣ(゚Д゚||)
かなりのピュアGUYなふたりの中にいるから余計そう見えたってのもありそうだけど。
番宣(ハチワンダイバーなどの)とかでバラエティに出てた時のあのキョドりぶりからは想像もできない感じで。
ま、ギャル男っぽい設定にしてたからそう見えたっていう、彼の演技力を褒めるべきなのか。

彼らががんがん飛び込む姿にはもうスタンディングオベものなんですけど、
結末というのか終わり方というのか、普通やなぁぁ~~~!!!っていう。
なんのひねりもないと言いましょうか。うん、作品としては星3つ程度!

あ、あと、男子的みどころとしては、高飛び込みのコーチ役の瀬戸朝香が艶かしいよ!!!

2008/08/16 (Sat) 15:37 | 映画 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

Profile

macco

Author:macco
くまが好きです

このブログをリンクに追加する

Calendar



Counter

Recent commnet

Monthly archive

PR

Category

Favourite

Recent trackback

つなビィ

Recent entry

御用の方はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QRコード

RSSフィード